研究概要

蓮池研究室では、一般的な確率現象だけでなく、人の感性や感情・言語解釈の個人差・曖昧さなど、多様な不確実性下を考慮しながら、数理最適化でアプローチにより、将来のよりよい意思決定の探究へ向けてチャレンジしています。
これら不確実性を考慮した数理モデリングや最適化の基礎理論から、サプライチェーンマネジメントや金融工学、観光科学、データ解析に対する最適化からのアプローチ、多目的・多基準化での意思決定まで、多くの研究成果を上げています。最近では、観光地の満足度の的確な数値設定、ヒトの感性・感情変化の具現化、農業サプライチェーンマネジメントにも興味をもって研究しております。
「明るく、楽しく、メリハリをつけた研究生活を!」をモットーに、学生の興味に合わせ、向上心を育てる研究室作りを目指しています。

トピックス

M2の学生2名が,IFORS2017で研究発表を行いました.

M2の学生2名が,IFORS2017で研究発表を行いました.

(2017年08月24日)
蓮池研究室のHPを開設いたしました。
蓮池研究室のHPを開設いたしました。(2015年11月12日)

【トピックス一覧へ】

  • 授業資料
  • 研究部会
  • 問合せ
  • アクセス
学生募集